カテゴリー
洋画 – あ

石黒 賢一郎 – ISHIGURO Kenichiro

略歴 – Profile

  • 1967年 静岡県生まれ
  • 1992年 多摩美術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
  • 1994年 多摩美術大学大学院修了 個展(ギャラリーこいち)第62回独立展出品
  • 1995年 第2階ミル展(ギャラリーT.A.P) 洋画の新しい世代展(横浜そごう)
  • 1997年 ヴワール展(春風洞画廊 以後出品)
  • 1999年 第34回昭和会展 日動火災賞受賞 第75回白日展出品 日動展(日動画廊 以後出品)
  • 2000年 彩樹会展(彩鳳堂画廊 以後出品) 太陽展 八月会展(日動画廊 以後出品)
  • 2001年 現代洋画新鋭作家7人展(名古屋松坂屋) ミニアチュール展(彩鳳堂画廊 以後出品) 文化庁派遣芸術家在外研修員に推挙されスペインへ ARTIUM-PENA修学
  • 2002年 コンプルテンセ大学マドリード校修学(’03帰国)
  • 2004年 個展(日動画廊) 第24回損保ジャパン美術財団選抜奨励展
  • 2005年 存在の美学展(’07,’10,’12 /髙島屋 地方巡回)
  • 2006年 生島浩・石黒賢一郎・島村信之 三人展 (春風洞画廊) 刻刻-若手洋画家19人による小品展(東美アートフェア/春風洞画廊ブース)
  • 2007年 未来を担う美術家たち「DOMANI・明日」展 <文化庁芸術家在外研修の成果>「損保ジャパン東郷清児美術館」 前田寛治大賞展佳作第一席受賞(日本橋髙島屋・倉吉博物館) 個展(名古屋松坂屋)
  • 2009年 刻刻-現代洋画家15人による小品展(東美アートフェア/春風洞画廊ブース) 個展 (アートフェア東京/ギャラリー小暮ブース)
  • 2010年 伝統からの創造 21世紀展(東京美術倶楽部・他 以後出品) a blemish, a beauty(gallery EXIT /香港) ART TAIPEI 2010 (’11 KOGUROENTGENブース/台北」 ホキ美術館開館記念特別展「私の代表作」展(ホキ美術館) +PLUS Tokyo Contemporary Art Fair(以後出品)
  • 2011年 Asia Top Gallery Hotel Art Fair Hong Kong 11(’12 gallery EXIT/香港) ART HK11(香港) 東日本大震災復興チャリティ・オークション 今日の美術展(東京美術倶楽部) 石黒賢一郎×須田悦弘×JON ANDER(Galley SUCHI)
  • 2012年 NEW CITY ART FAIR(NEW YORK) 現代の具象絵画 それぞれのリアリティ展(阪急うめだ本店) 写実変(Gallery SUCHI) 「石黒賢一郎・篠原愛・須田悦弘」展(ギャラリー小暮)
  • 2013年 アートフェア東京2013(ギャラリー小暮ブース) OFF-ART FAIR 2013(ベルギー・ブリュッセル) 画家のまなざし -写実絵画の世界-(桐蔭学園メモリアルアカデミウムソフォスホール) アントニオ・ロペス展 関連企画ワークショップ -マンチャのデッサンを学ぶ-(長崎県美術館) ホキ美術館3周年記念展「新 私の代表作」展(ホキ美術館)
  • 2014年 VOLTA10 個展 (スイス・バーゼル) 美少女の美術史 (青森県立美術館・静岡県立美術館・島根県立石見美術館)
  • 2015年 アートフェア東京2015(ギャラリー小暮・ギャラリー須知ブース) RAN-SHOH KOH-JUTSU Chapter VI (Gallery TEN ・金沢)
  • 2016年 アートフェア東京2016(ギャラリー須知ブース) Japanese Contemporary Art Show / La Lanta Fine Art (バンコク・タイ) GALLERY KOGURE NY OPENING EXHIBITION(NY) [HAN-SHIHAN]/ スパイラル ガーデン (東京) 対談「今日はホンネで」100回記念 本江邦夫と美術家たちの対話(髙島屋日本橋)
  • 2017年 石黒賢一郎: 新作展示 (ギャラリー須知) ART STAGE SINGAPORE 2017(シンガポール) 驚きの写実絵画ーホキ美術館名品展(ふくやま美術館)
  • 現在 無所属 多摩美術大学非常勤講師  女子美術大学非常勤講師   昭和女子大学「伝統文化の現場」招聘講師