伊藤 深游木 – Miyuki Ito

略歴 - Profile
  • 1954年
    東京に生まれる。
  • 1983年
    東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻を卒業する。
  • 1984年
    第69回院展に「浅茅ヶ宿」を出品、初入選する。
  • 1985年
    東京芸術大学大学院保存修復技術日本画を修了する。
    第40回春の院展に「春馨る」を出品、初入選する。外務省買い上げとなる。
    サロン・ド・プランタン賞受賞。
  • 1986年
    第71回院展に「白毫寺暮色」を出品、入選する。
    日本美術院院友に推挙される。
  • 1987年
    第42回春の院展に「朝霞」を出品、外務省買い上げとなる。
  • 1991年
    第6回現代美術展に出品、以後毎年出品する。
  • 1992年
    東京セントラル美術館日本画大賞展に「初夏の吉備路」を出品、優秀賞を受賞する。
    第77回院展に「那須初夏の頃」を出品、筑波研究資料館収蔵となる。
  • 1993年
    第48回春の院展に「南禅寺水路閣」を出品、外務省買い上げとなる。
  • 1994年
    法務省「厚生保護」誌に表紙絵を揮毫する。
  • 1995年
    第50回春の院展に「東福寺中庭」を出品、外務省買い上げとなる。
    第80回院展に「雪の新庄駅」を出品、奨励賞を受賞する。
    第30回文化庁現代美術選抜展に「雪の新庄駅」を出品する。
  • 1996年
    日本画の新世代展に「寂秋」(屏風)を出品する。
  • 1997年
    第52回春の院展に「北国美瑛」を出品、外務省買い上げとなる。
    第14回山種美術館賞展に出品する。
    在連合王国日本国大使館公使公邸に絵画を揮毫する。
  • 2002年
    東日本の美―山(東京ステーションギャラリー)に出品する。
  • 2005年
    個展(日本橋三越)開催する。
  • 2006年
    武部雅子との二人展(池袋西武)
  • 2008年
    個展(村越画廊)
  • 現在
    日本美術院院友